遺言書が発見された場合は?について掲載しております。/遺言・相続サポート葛飾

遺言書が発見された場合は?

【遺言書が発見された場合は?】

遺言書が発見された場合は?

 

自筆証書遺言を例に掲載して行きます。

 

両親等の死亡により、相続が開始された場合において、遺言書が発見された場合は、家庭裁判所に検認の請求をする必要があります。

 

また、遺言書が封印されている場合などは、相続人又は、代理人の立会のもと開封することになります。

 

通常、この様な流れになりますが、仮に勝手に開けて内容が気に入らない為、破って捨ててしまって場合は、どの様になるでしょうか?

 

これは、刑事と民事の両方で考える必要があります。刑事では、私用文書毀棄罪、器物損壊罪等に該当する可能性が有りますので注意が必要です。

 

一方、民法では、「相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者は相続人になる事が出来ない」と法律上明記されています。

 

又、家庭裁判所の検認を得ずに開封してしまった場合、5万円以下の過料に処せられますので、注意が必要です。

 

以上により、遺言書が発見され、興味本位で、内容を見て都合が悪いと破棄をしてしまうと、違法行為となる可能性が高くなりますので、その様な事はせずに、法律で決められた要件に沿って進めて行くことが大切です。それは、被相続人の意思を尊重することにも繋がります。

遺言・相続サポート葛飾/お問合せ

<

【遺言・相続サポート葛飾/お問合せ】

 

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

遺言・相続サポート葛飾のメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

遺言・相続サポート葛飾のスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

遺遺言書が発見された場合は?/遺言・相続サポート葛飾関連ページ

遺言書の種類
遺言書の種類―遺言書
自筆証書遺言の作成・書き方
自筆証書遺言の作成・書き方―遺言書
遺留分
遺留分―遺言書
遺言書は、なぜ必要か?
遺言書は、なぜ必要か?―遺言書
遺言書は、いつ書けばよいか?
遺言書は、いつ書けばよいか?―遺言書
入院中に公正証書遺言は出来る?
入院中に公正証書遺言は出来る?―遺言書
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?―遺言書
遺言とは?遺言を残すメリットは?
遺言とは?遺言を残すメリットは?―遺言書
どの様な場合、遺言書が必要か?
どの様な場合、遺言書が必要か?―遺言書
遺言書作成のポイント
遺言書作成のポイント―遺言書
遺言書作成後の変更、無効は可能か?
遺言書作成後の変更、無効は可能か?―遺言書

HOME 遺言 相続 終活 事務所案内 お問合せ