遺言書は、いつ書けばよいか?について掲載しております。/遺言・相続サポート葛飾

遺言書は、いつ書けばよいか?

【遺言書は、いつ書けばよいか?】

遺言書は、いつ書けばよいか?

 

日本では、遺言書の話がでると、まだそんな歳ではない、縁起でもないという話をよくお聞きしますが、遺言書は実際に、いつ書くのが良いのでしょうか?

 

答えは、元気なうちに書いておくことがです。

 

仮に、認知症などが進行した場合では、遺言書を書いても、判断能力が問われる可能性があります。

 

また、遺言書の中で、最も信頼感のある公正証書遺言の場合、御自身が公証役場に行き内容を口頭で申し述べる必要があります。(自宅に来て貰う方法も有りますが、費用が高くなります。)

 

ですので、基本的には、元気なうちに、きちんとした遺言書を作成する事をお勧めいたします。

 

後々のトラブルを防ぐ為にも、家族と話し合いをし遺言書を作成しておくことが大切ではないでしょうか?

 

家には、財産がないから関係ないという話もありますが、持家一軒あるだけでも、相続財産となり、その分配を巡りトラブルが発生します。

 

遺言書が無い場合においては、相続人の共同相続となりますので、家の所有権の変更をする場合には、遺産分割協議書が必要になります。ここでトラブルが発生すると、兄弟間での争いになり、裁判等に発展する可能性があります。これは、現実には決して珍しいことではありません。

 

万が一の場合、残されたお子様の事を考えて、どの様にしたいか?等、ご自身の意思を明確にする為、早めに遺言書の作成をお勧め致します。

遺言・相続サポート葛飾/お問合せ

【遺言・相続サポート葛飾/お問合せ】

 

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

遺言・相続サポート葛飾のメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

遺言・相続サポート葛飾のスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

遺言書は、いつ書けばよいか?/遺言・相続サポート葛飾関連ページ

遺言書の種類
遺言書の種類―遺言書
自筆証書遺言の作成・書き方
自筆証書遺言の作成・書き方―遺言書
遺留分
遺留分―遺言書
遺言書は、なぜ必要か?
遺言書は、なぜ必要か?―遺言書
遺言書が発見された場合は?
遺言書が発見された場合は?―遺言書
入院中に公正証書遺言は出来る?
入院中に公正証書遺言は出来る?―遺言書
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?―遺言書
遺言とは?遺言を残すメリットは?
遺言とは?遺言を残すメリットは?―遺言書
どの様な場合、遺言書が必要か?
どの様な場合、遺言書が必要か?―遺言書
遺言書作成のポイント
遺言書作成のポイント―遺言書
遺言書作成後の変更、無効は可能か?
遺言書作成後の変更、無効は可能か?―遺言書

HOME 遺言 相続 終活 事務所案内 お問合せ