遺言書は、なぜ必要か?について掲載しております。/遺言・相続サポート葛飾

遺言書は、なぜ必要か?

【遺言書は、なぜ必要か?】

遺言書は、なぜ必要か?

 

遺言書が必要な理由は、御自身が亡くなられた時に不要なトラブルを避けるためです。

 

ご兄弟等による遺産をめぐる争いは、非常に多くありますし、一度そうなってしまうと長期間揉めるケースも多くあります。

 

このような場合において遺言書があるとトラブル防止に非常に有効になります。

 

遺言書には3種類の方式があります。

 

■ 自筆証書遺言
■ 公正証書遺言
■ 秘密証書遺言

 

自筆証書遺言では、すべて自筆によらなければならず、法的効果を得るには、細かい要件等が決められております。長所は費用が掛らないという所ですが、逆に紛失等の問題があります。

 

公正証書遺言については、公証役場で作りますので、紛失等の心配はありませんが、費用がかかることや、2人以上の証人が必要になり、内容を公証人に口頭で伝える為、内容が秘密にできない等の問題もあります。

 

最後に秘密証書遺言ですが、これは公証役場にて遺言書を提出する方法です。2人以上の証人が必要な所は公正証書遺言と同じですが、内容が秘密にできるメリットがあります。しかし内容に不備があると法律的に無効となってしまう場合があります。

 

お勧は、公正証書遺言となります。費用は掛りますが、法的安定性が高く、紛失等もない為、最も安定した方法であるといえます。

 

せっかく努力して書いた遺言が無効等になってしまったら、又は紛失してしまったらと考えますと公正証書遺言がやはり一番であると言えます。

 

ちなみ遺言書については、何を書いても有効かというと、そうではなく、法的に有効とされるのは、遺贈や相続人の指定、排除、相続分の指定、遺産分割の方法、分割禁止区間の指定等となっております。

 

尚、遺産を相続できるのは相続人だけとなりますが、遺贈という方法により相続人以外の方についても、財産を譲り渡すことができますし遺言書にも定めることができます。

遺言・相続サポート葛飾/お問合せ

【遺言・相続サポート葛飾/お問合せ】

 

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

遺言・相続サポート葛飾のメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

遺言・相続サポート葛飾のスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

遺言書は、なぜ必要か?/遺言・相続サポート葛飾関連ページ

遺言書の種類
遺言書の種類―遺言書
自筆証書遺言の作成・書き方
自筆証書遺言の作成・書き方―遺言書
遺留分
遺留分―遺言書
遺言書は、いつ書けばよいか?
遺言書は、いつ書けばよいか?―遺言書
遺言書が発見された場合は?
遺言書が発見された場合は?―遺言書
入院中に公正証書遺言は出来る?
入院中に公正証書遺言は出来る?―遺言書
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?―遺言書
遺言とは?遺言を残すメリットは?
遺言とは?遺言を残すメリットは?―遺言書
どの様な場合、遺言書が必要か?
どの様な場合、遺言書が必要か?―遺言書
遺言書作成のポイント
遺言書作成のポイント―遺言書
遺言書作成後の変更、無効は可能か?
遺言書作成後の変更、無効は可能か?―遺言書

HOME 遺言 相続 終活 事務所案内 お問合せ