遺留分について掲載しております。/遺言・相続サポート葛飾

遺留分について

【遺留分について】

遺留分とは?

 

遺言者は遺言によって自由に財産の処分の方法を決定することができます。

 

しかしその一方で、遺言により特定の相続人が取得する財産が
無い、又は、極端に少なくなる場合があります。

 

そこで、一定の相続人について、被相続人の財産の一定の割合を遺留分として主張することが認められています。

 

遺留分を主張することができる人

遺留分を主張できるのは、相続人のうち、子・直系卑属(父母など)および配偶者です。子については代襲相続人を含みます。一方、相続人であっても兄弟姉妹については遺留分はありません。

 

遺留分減殺請求権

遺留分が侵害されている遺言がされた場合であっても、当然には遺留分が認められるわけではありません。

 

遺留分を侵害された者が、受遺者等の利益を受けた者等に対して、遺留分減殺請求権を行使することによって主張することができます。

 

遺留分を侵害された相続人は、遺留分減殺請求をすることにより、その遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈等の効力を否定することができます。

 

ただし、遺留分減殺請求権の行使は、遺留分を主張する相続人が相続の開始及び遺留分減殺請求の対象となる財産の贈与または遺贈があったことを知った時から1年以内に行う必要があります。

遺言・相続サポート葛飾/お問合せ

【遺言・相続サポート葛飾/お問合せ】

 

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

遺言・相続サポート葛飾のメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

遺言・相続サポート葛飾のスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

遺留分について/遺言・相続サポート葛飾関連ページ

遺言書の種類
遺言書の種類―遺言書
自筆証書遺言の作成・書き方
自筆証書遺言の作成・書き方―遺言書
遺言書は、なぜ必要か?
遺言書は、なぜ必要か?―遺言書
遺言書は、いつ書けばよいか?
遺言書は、いつ書けばよいか?―遺言書
遺言書が発見された場合は?
遺言書が発見された場合は?―遺言書
入院中に公正証書遺言は出来る?
入院中に公正証書遺言は出来る?―遺言書
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?―遺言書
遺言とは?遺言を残すメリットは?
遺言とは?遺言を残すメリットは?―遺言書
どの様な場合、遺言書が必要か?
どの様な場合、遺言書が必要か?―遺言書
遺言書作成のポイント
遺言書作成のポイント―遺言書
遺言書作成後の変更、無効は可能か?
遺言書作成後の変更、無効は可能か?―遺言書

HOME 遺言 相続 終活 事務所案内 お問合せ