遺言書作成のポイントについて掲載しております。/遺言・相続サポート葛飾

遺言書作成のポイント

【遺言書作成のポイント】

遺言書作成のポイント

 

遺言書は、相続の際に重要な役割を果たす書類ですが、遺言を書くことにより、その内容が遺族に納得の行かないものであれば、逆にトラブルになる事もあります。

 

そこで、揉め事を未然に防ぐ遺言書の作成ポイントは、次の点です。

 

遺留分を考慮して作成しましょう

遺言によって侵害できない権利が遺留分です。遺留分を侵害した遺言を残してしまうと争いの種となってしまいますので注意が必要です。

 

定期的に内容を見直しましょう

遺言は何度でも書き直しができ、最後に書いたものが有効な遺言として取り扱われます。財産の内容や税制改正もありますので、遺言者の目的を果たす内容ができるように定期的に遺言内容を見直す必要があります。

 

法的に有効な遺言所にするために専門家に相談しましょう

遺言の内容は、専門家の力を借りずに自分でもできますが、やはり専門家に相談し、法的に有効な遺言、税務的にも効果的な遺言を遺すことが大切です。

 

税金(相続税・所得税)のことも考慮して作成しましょう

遺言を書くときには、亡くなった際にかかる相続税や相続後の所得税のことも考慮しておくことが重要です。遺言通りに相続すると相続税が払えないので、遺言内容と別の分割案にするというケースも珍しくありません。

遺言・相続サポート葛飾/お問合せ

【遺言・相続サポート葛飾/お問合せ】

 

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

遺言・相続サポート葛飾のメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

遺言・相続サポート葛飾のスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

遺言書作成のポイント/遺言・相続サポート葛飾関連ページ

遺言書の種類
遺言書の種類―遺言書
自筆証書遺言の作成・書き方
自筆証書遺言の作成・書き方―遺言書
遺留分いついて
遺留分―遺言書
遺言書は、なぜ必要か?
遺言書は、なぜ必要か?―遺言書
遺言書は、いつ書けばよいか?
遺言書は、いつ書けばよいか?―遺言書
遺言書が発見された場合は?
遺言書が発見された場合は?―遺言書
入院中に公正証書遺言は出来る?
入院中に公正証書遺言は出来る?―遺言書
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?―遺言書
遺言とは?遺言を残すメリットは?
遺言とは?遺言を残すメリットは?―遺言書
どの様な場合、遺言書が必要か?
どの様な場合、遺言書が必要か?―遺言書
遺言書作成後の変更、無効は可能か?
遺言書作成後の変更、無効は可能か?―遺言書

HOME 遺言 相続 終活 事務所案内 お問合せ