遺言書の種類について掲載しております。/遺言・相続サポート葛飾

遺言書の種類

【遺言書の種類】

遺言書の種類

 

遺言書には、三つの種類があります。

 

一般的には、ご自身で書かれる遺言書をイメージされることが、多いかと思いますが、それぞれ長所と短所がありますので下記を参照下さい。

 

 

≪ 自筆証書遺言書 ≫

 

自分で自筆して、署名・押印する遺言書です。一番簡単に作成できる遺言書です。

 

【自筆証書遺言のメリット】

 

〇自分で書くので費用が掛かりません。
〇遺言内容の秘密が確保できます。
〇遺言を作成したこと自体を秘密にできます。

 

【自筆証書遺言のデメリット】

 

〇遺言自体が見つけられなかったり、改ざんや破棄される恐れがあります。
〇開封時に、遺族は家庭裁判所の検認が必要となります。
〇作成する条件が満たせていないと、法的に無効である可能性があります。

 

 

 ≪ 公正証書遺言書 ≫

 

公証人と証人に、遺言書の作成及び内容が適正であることを証明してもらう遺言書です。公証役場に遺言書の原本が保存され、一番確実に遺言を残すことができます。最も、お勧めの遺言書です。

 

【公正証書遺言のメリット】

 

〇あらかじめ公証人により違法や無効がないことがチェックされている為、最も確実に法的に有効な遺言を残すことが出来ます。
〇開封時の家庭裁判所の検認が不要(手続きの簡素化し費用の軽減になる)
〇遺産分割協議が不要となります。
〇公証人役場に原本が保管されているので、正本、謄本を紛失しても再発行請求ができるので自分で保管して紛失するリスクが無くなります。
〇遺言書を改ざん、破棄されるリスクが無くなります。

 

【公正証書遺言のデメリット】

 

〇公証人に対して手数料費用が掛かります。
〇遺言の内容を公証人と2人の証人(計3人の他人)に知られる事になります。
〇自宅で簡単に作成することができないので多少の時間が掛かります。

 

 

 ≪ 秘密証書遺言書 ≫

 

公証人に遺言書の作成を証明してもらう遺言書です。遺言書の内容を誰にも秘密にすることができます。

 

【秘密証書遺言のメリット】

 

〇遺言内容の秘密が確保できます。
〇遺言を作成したこと自体を秘密にできます。
〇署名以外はパソコンやワープロ等で作成しても構いません。

 

【秘密証書遺言のデメリット】

 

〇遺言書の作成に費用が掛かります。
〇開封時に、遺族は家庭裁判所の検認が必要となります。
〇遺言者が遺言書を自分で保管しなければならず、遺言自体が見つけられなかったり、破棄される可能性があります。
〇様式に不備が有り、無効となる可能性があります。

 

 

これらの3種類の遺言書の作成方法を比較しますと公正証書遺言は、法的安定性が強く、紛失、偽造などの心配もありません。デメリットとしては公証人の手数料等が発生し、自筆証書遺言に比べ金銭的に高くなります。しかし、相続財産とは、家一軒としても数千万〜億と高価なものになりますので、安心を買う意味でも公正証書遺言をお勧め致します。

遺言・相続サポート葛飾/お問合せ

【遺言・相続サポート葛飾/お問合せ】

 

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

遺言・相続サポート葛飾のメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

遺言・相続サポート葛飾のスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

遺言書の種類/遺言・相続サポート葛飾関連ページ

自筆証書遺言の作成・書き方
自筆証書遺言の作成・書き方―遺言書
遺留分
遺留分―遺言書
遺言書は、なぜ必要か?
遺言書は、なぜ必要か?―遺言書
遺言書は、いつ書けばよいか?
遺言書は、いつ書けばよいか?―遺言書
遺言書が発見された場合は?
遺言書が発見された場合は?―遺言書
入院中に公正証書遺言は出来る?
入院中に公正証書遺言は出来る?―遺言書
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?―遺言書
遺言とは?遺言を残すメリットは?
遺言とは?遺言を残すメリットは?―遺言書
どの様な場合、遺言書が必要か?
どの様な場合、遺言書が必要か?―遺言書
遺言書作成のポイント
遺言書作成のポイント―遺言書
遺言書作成後の変更、無効は可能か?
遺言書作成後の変更、無効は可能か?―遺言書

HOME 遺言 相続 終活 事務所案内 お問合せ