遺言書の基礎知識、遺言書のよくある質問(Q&A)を掲載しております。

遺言書/遺言・相続サポート葛飾記事一覧

遺言書の種類/遺言・相続サポート葛飾

【遺言書の種類】遺言書には、三つの種類があります。一般的には、ご自身で書かれる遺言書をイメージされることが、多いかと思いますが、それぞれ長所と短所がありますので下記を参照下さい。≪ 自筆証書遺言書 ≫自分で自筆して、署名・押印する遺言書です。一番簡単に作成できる遺言書です。【自筆証書遺言のメリット】...

≫続きを読む

自筆証書遺言の作成・書き方/遺言・相続サポート葛飾

【自筆証書遺言の作成・書き方】自筆証書遺言は、ご自身が自筆で書き、証人や公証人の手数料が不要なことから費用がかからず、比較的に作成しやすい遺言書になります。その反面、日付けの不備や押印もれといった些細なミス、パソコンやワープロで印字した文書、録音テープやビデオカメラを使い口頭で遺言するといった形式的...

≫続きを読む

遺留分について/遺言・相続サポート葛飾

【遺留分について】遺言者は遺言によって自由に財産の処分の方法を決定することができます。しかしその一方で、遺言により特定の相続人が取得する財産が無い、又は、極端に少なくなる場合があります。そこで、一定の相続人について、被相続人の財産の一定の割合を遺留分として主張することが認められています。遺留分を主張...

≫続きを読む

遺言書は、なぜ必要か?/遺言・相続サポート葛飾

【遺言書は、なぜ必要か?】遺言書が必要な理由は、御自身が亡くなられた時に不要なトラブルを避けるためです。ご兄弟等による遺産をめぐる争いは、非常に多くありますし、一度そうなってしまうと長期間揉めるケースも多くあります。このような場合において遺言書があるとトラブル防止に非常に有効になります。遺言書には3...

≫続きを読む

遺言書は、いつ書けばよいか?/遺言・相続サポート葛飾

【遺言書は、いつ書けばよいか?】日本では、遺言書の話がでると、まだそんな歳ではない、縁起でもないという話をよくお聞きしますが、遺言書は実際に、いつ書くのが良いのでしょうか?答えは、元気なうちに書いておくことがです。仮に、認知症などが進行した場合では、遺言書を書いても、判断能力が問われる可能性がありま...

≫続きを読む

遺遺言書が発見された場合は?/遺言・相続サポート葛飾

【遺言書が発見された場合は?】自筆証書遺言を例に掲載して行きます。両親等の死亡により、相続が開始された場合において、遺言書が発見された場合は、家庭裁判所に検認の請求をする必要があります。また、遺言書が封印されている場合などは、相続人又は、代理人の立会のもと開封することになります。通常、この様な流れに...

≫続きを読む

入院中に公正証書遺言は出来る?/遺言・相続サポート葛飾

【入院中に公正証書遺言は出来る?】可能です。公証人に病院まで来てもらいます。証人も二人必要です。公証人に依頼すれば病院へ来て、入院されている方の口述を筆記して、公正証書遺言を作成いたします。出張費が余分に掛かりますが、緊急の場合、又は、いつ公証役場へ行ける様になるか?判らない場合は、公証人に出張を依...

≫続きを読む

子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?/遺言・相続サポート葛飾

【子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?】お子様が不幸にも、先にお亡くなりになった場合に、お子様が独身又は、結婚されていても、子供に恵まれなった時は、相続権は親又は兄弟にも発生しますので、元夫にも相続権があります、もし、お子様に子供がいる場合には、遺言書を予め作成し、全ての財産は子供に相続させる。...

≫続きを読む

遺言とは?遺言を残すメリットは?/遺言・相続サポート葛飾

【遺言とは?遺言を残すメリットは?】遺言とは、被相続人が生前に遺産の分配などについて定めたものです。遺言書は15歳以上の人なら誰でも残すことができます。この遺言によって遺産分割することを指定相続といい、法定相続(相続人と相続割合などを定めている民法による相続)より優先されます。遺言書では、誰に何を相...

≫続きを読む

どの様な場合、遺言書が必要か?/遺言・相続サポート葛飾

【どの様な場合、遺言書が必要か?】遺言書を作成すべきケースとして、下記項目に1つでも該当する場合、遺言書の作成をお勧めいたします。遺言書を作成することで、様々な揉め事を未然に回避することができます。@子どもがいない場合A子供が2人以上いる場合B先妻・後妻ともに子どもがいる場合C結婚した相手に連れ子が...

≫続きを読む

遺言書作成のポイント/遺言・相続サポート葛飾

【遺言書作成のポイント】遺言書は、相続の際に重要な役割を果たす書類ですが、遺言を書くことにより、その内容が遺族に納得の行かないものであれば、逆にトラブルになる事もあります。そこで、揉め事を未然に防ぐ遺言書の作成ポイントは、次の点です。遺留分を考慮して作成しましょう遺言によって侵害できない権利が遺留分...

≫続きを読む

遺言書作成後の変更、無効は可能か?/遺言・相続サポート葛飾

【遺言書作成後の変更、無効は可能か?】遺言を書いた後で変更や無効にすることは可能です。変更の場合、全部でも一部でも行うことができます。遺言書の書き直しは、いつでも自由です。遺言の効力は死亡時に発生します。それまでの間に遺言書の内容を書き直すことは、原則として自由です。書き直しは、前の遺言の全部でも一...

≫続きを読む


HOME 遺言 相続 終活 事務所案内 お問合せ