相続財産を分割する方法について掲載しております。/遺言・相続サポート葛飾

相続財産を分割する方法

【相続財産を分割する方法】

相続財産を分割する方法

 

相続人が1人であれば、相続開始と同時にそのまま1人の相続人が遺産を引き継げばいいのですが、2人以上の相続人(これを共同相続人といいます)がいるときは、どうやって相続財産を分けていくかが問題になります。

 

相続には2つのパターンがあります。−つは各相続人に、どれだけの財産を分配するかその比率が決められている法定相続、もう1つは遺言書によって法定相続分にとらわれずに遺産分割を決められる指定相続があります。法定相続よりも指定相続のほうが優先されます。

 

法律で決められている法定相続

法定分割とは、民法で「このように財産を分けるのが一番よい」と決めている分け方です。法定分割で分けたそれぞれの法定相続人の取り分を法定相続人といい、相続人となる配偶者や子どもなどの相続分を決めています。

 

法定相続分は、家庭の事情を考慮することなく、機械的に財産を分割する方法です。親が相続について遺言書を残さないで亡くなったときは、法定相続の方法に従って相続人全員の話し合いにより確定していくことになります。

 

【法定相続分の具体例】

 

@相続人が配偶者と被相続人の子供⇒配偶者2分の1、子供2分の1
A相続人が配偶者と被相続人の父母⇒配偶者3分の2、父母3分の1
B相続人が配偶者と被相続人の兄弟⇒配偶者4分の3、兄弟4分の1

 

※子供、父母、兄弟がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。

 

遺言に従って財産を分割する指定相続

遺言による相続は、法定相続分にとらわれずに被相続人の意思で分割方法を指定できます。

 

この遺言による相続は、被相続人の意思を尊重するために、指定相続分が法定相続分より優先されています。ただし、法定相続分を著しく無視した分割にならないように、相続人に遺留分という権利が認められています。

 

遺言では、法定相続人以外の人を指定することもできます。

 

※法定相続人以外の人には、次のような人が考えられます。
〇内縁の妻や愛人
〇認知をしていない子(愛人との間の子など)
〇義理の娘(息子の嫁)、義理の息子(娘の夫)
〇お世話になった友人や近所の人などの第三者

 

遺言書がないから法定相続分で決めると言う事ではない

遺言書がないときは法定相続分どおりに決めることになりますが、遺言がないからといって、必ず法定相続分どおりに決めなければならないということではありません。

 

相続人全員で合意すれば、遺言の内容や法定相続分とは異なる割合で遺産を分けることができます。このように、相続人全員で遺産の分け方についての話し合いをすることを、「遺産分割協議」といいます。

遺言・相続サポート葛飾/お問合せ

【遺言・相続サポート葛飾/お問合せ】

 

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

遺言・相続サポート葛飾のメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

遺言・相続サポート葛飾のスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

相続財産を分割する方法/遺言・相続サポート葛飾関連ページ

相続時の手続き
相続時の手続き―相続
相続トラブル例
相続トラブル例―相続
相続財産とは?
相続財産とは?―相続
保証人も相続する?
保証人も相続する?―相続
夫の遺産を妻が相続する分は?
夫の遺産を妻が相続する分は?―相続
両親の扶養義務とは?
両親の扶養義務とは?―相続
香典や弔慰金は、相続財産?
香典や弔慰金は、相続財産?―相続
内縁の妻は相続できますか?
内縁の妻は相続できますか? ―相続
相続人に未成年者がいる場合は?
相続人に未成年者がいる場合は? ―相続
遺産分割協議のやり直しは出来る?
遺産分割協議のやり直しは出来る? ―相続
遺産分割が金銭のみの場合は?
遺産分割が金銭のみの場合は? ―相続
遺産分割と共有物分割の違い
遺産分割と共有物分割の違い ―相続
一方的な遺産分割に従いたくない場合は?
一方的な遺産分割に従いたくない場合は? ―相続
相続とは?
相続とは? ―相続
相続が発生した時にやること
相続が発生した時にやること ―相続
相続開始後に必要な書類と手続
相続開始後に必要な書類と手続 ―相続
離婚、再婚した場合、子供の相続は?
離婚、再婚した場合、子供の相続は? ―相続
妊娠中赤ちゃん(胎児)にも相続権はある?
妊娠中赤ちゃん(胎児)にも相続権はある? ―相続
1人暮らしで亡くなった人の相続は?
1人暮らしで亡くなった人の相続は? ―相続
認知症の相続人がいる場合
認知症の相続人がいる場合 ―相続
隠し子がいた場合の相続権は?
隠し子がいた場合の相続権は? ―相続
遺留分とは?
遺留分とは? ―相続
遺留分減殺請求とは?
遺留分減殺請求とは? ―相続
遺留分の放棄とは?
遺留分減殺請求とは? ―相続
遺遺留分で揉めない為には?
遺遺留分で揉めない為には? ―相続
預貯金の口座名義変更・解約の手続
預貯金の口座名義変更・解約の手続 ―相続
生命保険金受取りの手続
生命保険金受取りの手続 ―相続
準確定申告の手続
準確定申告の手続 ―相続
相続欠格、相続廃除とは?
相続欠格、相続廃除とは? ―相続
相続放棄とは?
相続放棄とは? ―相続
相続人が行方不明者の場合
相続人が行方不明者の場合 ―相続
相続人が誰もいない場合
相続人が誰もいない場合 ―相続
事故によって得た損害賠償請求権は?
事故によって得た損害賠償請求権は? ―相続
寄与分とは?
寄与分とは? ―相続
遺産分割協議前に注意する事
遺産分割協議前に注意する事 ―相続
養子の相続権・相続分は?
養子の相続権・相続分は? ―相続
借金などマイナスの財産が有る時の相続
借金などマイナスの財産が有る時の相続 ―相続
特別縁故者がもらえる財産は?
特別縁故者がもらえる財産は? ―相続
祭祀財産(仏壇や墓地等)は相続財産?
祭祀財産(仏壇や墓地等)は相続財産? ―相続
生命保険金は相続財産?
生命保険金は相続財産? ―相続
死亡退職金は相続財産?
死亡退職金は相続財産? ―相続
相続財産になるものとならないもの
相続財産になるものとならないもの ―相続
特別受益を得た相続人がいるときは?
特別受益を得た相続人がいるときは? ―相続
遺産分割を確定する手続は?
遺産分割を確定する手続は? ―相続
遺産分割の分割方法は?
遺産分割の分割方法は? ―相続
遺産分割協議が成立・不成立のときは?
遺産分割協議が成立・不成立のときは? ―相続
協議後に遺言書や隠し子が出てきた場合
協議後に遺言書や隠し子が出てきた場合 ―相続

HOME 遺言 相続 終活 事務所案内 お問合せ