寄与分について掲載しております。/遺言・相続サポート葛飾

寄与分とは?

【寄与分とは?】

寄与分とは?

 

寄与分とは、相続人の中に被相続人の財産の維持・増加に特別の寄与(特別な貢献)をした相続人があるときに、その人に相続分以外に相当額の財産を取得させて、相続人間の公平を図る制度です。その特別の寄与に対する相当額をいいます。

 

また、法定相続分を超える財産を取得させる制度で、特別に療養看護した人、事業を手助けした人などに、遺産分割にあたって考慮すべきとされています。

 

寄与分の額は、相続人の協議で決めることになっていますが、協議がまとまらないときや協議できないときは、家庭裁判所に請求すると、寄与の時期、方法、程度、相続財産の額などの事情を考慮して寄与分が決められます。

 

寄与分として認められる要件

【1】共同相続人であること・・・寄与分は、共同相続人に限り認められます。

 

共同相続人ではない身内または、知人が被相続人の財産の増加や維持に対して多大な貢献をしていたとしても、これらの人に寄与分は認められません。ただし身内の人の寄与が、相続人の寄与として認められることもあります。

 

【2】被相続人や財産の維持または増加があること・・・

 

寄与分が認められるためには、特別の貢献により被相続人の財産が維持もしくは増加したことが認められることが必要となります。

 

ある時期に多大な貢献をし、被相続人の財産に増加したときがあっても、相続の開始時に財産が残っていない場合は、寄与分は認められません。

 

【3】特別の寄与であること・・・

 

寄与分が認められるには、被相続人の財産の維持または増加についての特別の寄与が、あることが必要です。その身分関係から通常行われること、例えば子が単に、親の面倒を見ていたというだけでは、それは当然のこととして、特別の寄与があるとは言えせんません。

 

寄与分は相続人にしか認められない

寄与分が認められると、寄与分を相続財産から差し引き、残った分を法定相続分により相続人に分けることになりますから、寄与分がある相続人はその分多く相続できることになります。

 

この寄与分は、相続人にしか認められていません。内縁関係にある妻や長男の妻の貢献は、寄与分の対象とはなりません。

 

寄与分の金額の決め方

寄与分の額は、相続人の協議で決めることになっていますが、協議がまとまらないときや協議できないときは、家庭裁判所に請求すると、寄与の時期、方法、程度、相続財産の額などの事情を考慮して寄与分が決められます。

遺言・相続サポート葛飾/お問合せ

【遺言・相続サポート葛飾/お問合せ】

 

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

遺言・相続サポート葛飾のお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

遺言・相続サポート葛飾のメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

遺言・相続サポート葛飾のスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

寄与分とは?/遺言・相続サポート葛飾関連ページ

相続時の手続き
相続時の手続き―相続
相続トラブル例
相続トラブル例―相続
相続財産とは?
相続財産とは?―相続
保証人も相続する?
保証人も相続する?―相続
夫の遺産を妻が相続する分は?
夫の遺産を妻が相続する分は?―相続
両親の扶養義務とは?
両親の扶養義務とは?―相続
香典や弔慰金は、相続財産?
香典や弔慰金は、相続財産?―相続
内縁の妻は相続できますか?
内縁の妻は相続できますか? ―相続
相続人に未成年者がいる場合は?
相続人に未成年者がいる場合は? ―相続
遺産分割協議のやり直しは出来る?
遺産分割協議のやり直しは出来る? ―相続
遺産分割が金銭のみの場合は?
遺産分割が金銭のみの場合は? ―相続
遺産分割と共有物分割の違い
遺産分割と共有物分割の違い ―相続
一方的な遺産分割に従いたくない場合は?
一方的な遺産分割に従いたくない場合は? ―相続
相続とは?
相続とは? ―相続
相続が発生した時にやること
相続が発生した時にやること ―相続
相続開始後に必要な書類と手続
相続開始後に必要な書類と手続 ―相続
離婚、再婚した場合、子供の相続は?
離婚、再婚した場合、子供の相続は? ―相続
妊娠中赤ちゃん(胎児)にも相続権はある?
妊娠中赤ちゃん(胎児)にも相続権はある? ―相続
1人暮らしで亡くなった人の相続は?
1人暮らしで亡くなった人の相続は? ―相続
認知症の相続人がいる場合
認知症の相続人がいる場合 ―相続
隠し子がいた場合の相続権は?
隠し子がいた場合の相続権は? ―相続
遺留分とは?
遺留分とは? ―相続
遺留分減殺請求とは?
遺留分減殺請求とは? ―相続
遺留分の放棄とは?
遺留分減殺請求とは? ―相続
遺遺留分で揉めない為には?
遺遺留分で揉めない為には? ―相続
預貯金の口座名義変更・解約の手続
預貯金の口座名義変更・解約の手続 ―相続
生命保険金受取りの手続
生命保険金受取りの手続 ―相続
準確定申告の手続
準確定申告の手続 ―相続
相続欠格、相続廃除とは?
相続欠格、相続廃除とは? ―相続
相続放棄とは?
相続放棄とは? ―相続
相続人が行方不明者の場合
相続人が行方不明者の場合 ―相続
相続人が誰もいない場合
相続人が誰もいない場合 ―相続
事故によって得た損害賠償請求権は?
事故によって得た損害賠償請求権は? ―相続
相続財産を分割する方法
相続財産を分割する方法 ―相続
遺産分割協議前に注意する事
遺産分割協議前に注意する事 ―相続
養子の相続権・相続分は?
養子の相続権・相続分は? ―相続
借金などマイナスの財産が有る時の相続
借金などマイナスの財産が有る時の相続 ―相続
特別縁故者がもらえる財産は?
特別縁故者がもらえる財産は? ―相続
祭祀財産(仏壇や墓地等)は相続財産?
祭祀財産(仏壇や墓地等)は相続財産? ―相続
生命保険金は相続財産?
生命保険金は相続財産? ―相続
死亡退職金は相続財産?
死亡退職金は相続財産? ―相続
相続財産になるものとならないもの
相続財産になるものとならないもの ―相続
特別受益を得た相続人がいるときは?
特別受益を得た相続人がいるときは? ―相続
遺産分割を確定する手続は?
遺産分割を確定する手続は? ―相続
遺産分割の分割方法は?
遺産分割の分割方法は? ―相続
遺産分割協議が成立・不成立のときは?
遺産分割協議が成立・不成立のときは? ―相続
協議後に遺言書や隠し子が出てきた場合
協議後に遺言書や隠し子が出てきた場合 ―相続

HOME 遺言 相続 終活 事務所案内 お問合せ