相続に関すること/遺言相続サポート葛飾

相続Q&A/遺言相続サポート葛飾

遺言相続

●相続に関すること
 
基礎知識編
・相続の様々な手続き一覧
・相続でよくトラブルが発生する例
・相続財産とはどの様なもの?
・保証人も相続しますか?
・相続人の排除はできますか?
・夫の遺産を妻が相続する分は?
・両親の扶養義務とは?
・香典や弔慰金は、相続財産?
・内縁の妻は相続できますか?
・相続人に未成年者がいる場合は?
・遺産分割のやり直しは出来る?
・遺産分割が金銭のみの場合は?
・遺産分割と共有物分割の違いは?

・一方的な遺産分割協議案に従いたくない場合は?
 
Q&A
・相続ってそもそもどういうもの?
・相続が発生したときにまずやらなくてはいけない事とはなんですか?
・相続開始後に必要となる書類と手続は?
・離婚して再婚した後妻の子ども・前妻との子どもの相続権どうなる?
・妊娠中赤ちゃん(胎児)にも相続権はある?
・1人暮らしで亡くなった人の相続は?
・認知症になっている相続人がいる場合はどうすればいい?
・被相続人に隠し子がいた場合の相続権は?
・遺留分とはどういう意味ですか?
・遺留分減殺請求とはなんですか?
・遺留分の放棄とはどういう意味ですか?
・遺留分でもめるのを防ぐ方法は?
・預貯金の口座名義変更・解約の手続はどうするの?

・生命保険金受取りの手続は
・準確定申告の手続はどうすればいいですか?
・相続欠格や相続廃除ってなに?
・相続放棄って何ですか?
・相続人に行方不明者などがいる場合はどうするの?
・相続人が誰もいない場合はどうしたらいいの?
・事故によって得た損害賠償請求権の扱いはどうなるの?
・寄与分を受け取るととができる相続人とは?
・相続財産を分割する方法は何がありますか?
・分割協議前に注意するべき事は?
・養子の相続権・相続分はどれくらいですか?
・借金などマイナスの財産があるときの相続は?
・特別縁故者がもらえる財産はどれくらい?
・仏壇や墓地などの祭祀財産は相続財産にならないの?
・生命保険金は相続財産にならないの?
・死亡退職金は相続財産にならないの?

・相続財産になるものとならないもの、その線引きとは?
・特別受益を得た相続人がいるときはどうすればいいですか?
・遺産分割を確定する手続はどんな方法ですか?
・遺産分割を確定させるときの分割方法は?
・遺産分割協議が成立・不成立のときは?
・遺産分割協議後に遺言書や隠し子などが出てきた場合は?
 

遺言相続相談サポート問合せ

 

相続に関すること/遺言相続サポート葛飾記事一覧

相続の様々な手続き一覧/遺言相続サポート葛飾

ご自身又はご家族がお亡くなりになった場合には、様々な手続が必要になります。終活として事前に準備しておきたい。子供がいないので万が一の場合はお願いしたい。相続関係の手続きをお願いしたいなど当事務所ではお客様のお話をお伺いした後様々なアドバイスやサポートをさせて頂きます。まずはお気軽にご相談下さい。具体...

≫続きを読む

相続でよくトラブルが発生する例 /遺言相続サポート葛飾

相続にて、よくトラブルになる例としてよくお聞ききするのが、お子さんがおらず、ご兄弟がいらっしゃる場合があります。例えばご主人が亡くなられた後、家と土地の財産があったが、その他については、特に高額なものはなかった場合のケースですが、遺言書がなければ、相続人は、奥様とご兄弟になります。その方は、ご主人の...

≫続きを読む

相続財産とはどの様なもの?/遺言相続サポート葛飾

まず相続はいつから、どの様に発生するのでしょうか?民法によると、相続人は相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に属したものはこの限りではないとあります。例としてあげると、ご主人が亡くなった時から、相続権の有る方(配偶者、子等)が権利義務を承継するとい...

≫続きを読む

保証人も相続しますか?/遺言相続サポート葛飾

例えば、父親が死亡した場合において他人の保証人になっていた場合などは、その保証人の地位も承継されるのでしょうか?まず民法(896条)では、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。但し、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない」と規定されています。つまり一身...

≫続きを読む

相続人の排除はできますか? /遺言相続サポート葛飾

例えば、父親が死亡した場合において他人の保証人になっていた場合などは、その保証人の地位も承継されるのでしょうか?まず民法(896条)では、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。但し、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない」と規定されています。つまり一身...

≫続きを読む

夫の遺産を妻が相続する分は? /遺言相続サポート葛飾

基本的な問題を考えて行きたいと思います。ケースとしましては、遺言書などがない法定相続分について考えていきたいと思います。民法では、配偶者は常に相続人として認めれておりますが配偶者と同順位の相続人としましては、第一、直系卑属(子、孫)、第二、直系尊属、第三、兄弟姉妹という順位になります。もし配偶者の方...

≫続きを読む

両親の扶養義務とは? /遺言相続サポート葛飾

最近、生活保護がらみから、扶養義務がよく問題になっておりますが、法律的には、扶養義務はどの様になっているのでしょうか?民法877条によると@直系血族及び兄弟姉妹は互いに扶養する義務がある。A家庭裁判所は、特別の事情がある時は前項に規定する場合のほか三親等内の親族においても不要の義務を負わせることがで...

≫続きを読む

香典や弔慰金は、相続財産? /遺言相続サポート葛飾

香典や弔慰金は、葬式費用、祭祀の費用に充てられるべきもであり、相続財産には入らないものと考えられます。一般的には、香典の受取人は、喪主にあると考えられ、香典費用は葬式費用に充てられ、残りは、祭祀主催者が、祭祀の費用として受け取ることが香典の性質に合うものと考えられます。残りの金額については、相続人な...

≫続きを読む

内縁の妻は相続できますか? /遺言相続サポート葛飾

民法では婚姻については、届出を要求しており、その届出をすることにより始めて、婚姻の効力が生じるとしております。ですので、内縁の場合は、当然に婚姻届を出していないことに、なりますので内縁の配偶者は、夫又は妻が死亡したとしても相続権はないことになります。それでは、内縁の妻には、何もないことになるのか?と...

≫続きを読む

相続人に未成年者がいる場合は? /遺言相続サポート葛飾

相続人に未成年者がいる場合は、基本的に法定代理人が遺産分割協議書相続税の申告書に署名押印をすることになります。法定代理人もまた相続人である場合、法定代理人と未成年の相続人の利益が相反することになります。そのため、家庭裁判所に特別代理人の選任の申立てが必要となります。尚、特別代理人の選任を行わず親権者...

≫続きを読む

遺産分割のやり直しは出来る?/遺言相続サポート葛飾

遺産分割協議は相続人全員の合意により成立します。いったん成立すれば効力が生じ無効や取消の原因がない限り原則としてやり直しすることはできません。また、遺産分割協議で相続人の1人が不動産を取得する代わりに別の相続人に代償金を支払うと約束していたのになかなか履行してくれないというような場合であっても遺産分...

≫続きを読む

遺産分割が金銭のみの場合は?/遺言相続サポート葛飾

通常、遺産を共同相続した場合、遺産分割協議を行い、協議書を作成する形になるかと思いますが遺産が金銭のみの場合には、どのようになるのでしょうか?最高裁の判例によりますと、遺産が金銭だけの場合においては、相続が開始すると同時に、共同相続人は遺産を協議等により分割するまでもなく法定相続分によって相続すると...

≫続きを読む

遺産分割と共有物分割の違いは?/遺言相続サポート葛飾

1. 共有関係の解消遺産分割は、共同相続人の共有に属する遺産を個々の相続人に分割する手続です。共有物分割は、共有者間においてその共有財産を分割する手続でいずれも共有関係の解消という共通点があります。2. 相違点(1)契機遺産分割は被相続人の死亡を契機としますが共有物分割にはそのような契機はありません...

≫続きを読む

一方的な遺産分割協議案に従いたくない場合は?/遺言相続サポート葛飾

まずは納得のいく説明を求めてください。一方的に送られてきた遺産分割協議案に対しては内容に納得できなければ、まずは説明を求めましょう。また財産目録をきちんと示してもらい、生前贈与や寄与分の問題があればその説明もしてもらいそうでなければ基本は法定相続分に従って協議を進めることを要求してください。ただ不動...

≫続きを読む

相続ってそもそもどういうもの?/遺言相続サポート葛飾

相続とは、両親が死亡などによって、故人(被相続人=死亡して財産を譲る人)の財産的な地位を、故人の子や妻など一定の身分関係にある人(相続人=財産を引き継ぐ人)が受け継ぐことです。相続は、故人(被相続人)が死亡と認定された瞬間から自動的に開始します。相続は被相続人が死亡と認定された瞬間から自動的に始まる...

≫続きを読む

相続が発生したときにまずやらなくてはいけない事とはなんですか?/遺言相続サポート...

相続が発生した時、まず始めに行わなければならないのは遺言書の有無の確認です。遺言書があった場合には遺言書は、自筆証書遺言書・秘密証書遺言書と公正証書遺言書があり、自筆証書遺言書・秘密証書遺言書は家庭裁判所の検認(遺言書が偽造や変造でないかなどを検証する手続。遺言の効力の有無を判断するものではありませ...

≫続きを読む

相続開始後に必要となる書類と手続は?/遺言相続サポート葛飾

相続が発生したときに必要となる手続・書類・届出先などを把握しなければなりません。相続が発生したときに必要となる書類例えば、土地賃貸借契約書・建物賃貸借契約書・固定資産評価証明書・登記簿謄本・贈与契約書・贈与税申告書・贈与税領収証書・所得税申告書・固定資産税と住民税の納税証明書・借用証書・生命保険証書...

≫続きを読む

離婚して再婚した後妻の子ども・前妻との子どもの相続権どうなる?/遺言相続サポート...

離婚して再婚のケースでは、前妻・前妻の子ども・後妻・後妻の子ども・再婚相手の連れ子の誰が相続人になれるのか?相続分はどれくらいなのかが問題になってきます。離婚した前妻との間に子ども2人おり、再婚した後妻に連れ子がいたとすると、前妻と後妻の連れ子は相続人になれません。この場合、後妻と前妻の子ども2人と...

≫続きを読む

妊娠中赤ちゃん(胎児)にも相続権はある?/遺言相続サポート葛飾

相続人(長男)の妻が赤ちゃんを身ごもっている場合、「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。」(民法第886条)との規定が設けられておりその胎児にも相続権が認められています。胎児も相続人として認めている胎児は、生まれたものとみなして相続人として扱われます。しかし、胎児が死産の場合は、相続人...

≫続きを読む

1人暮らしで亡くなった人の相続は?/遺言相続サポート葛飾

1人暮らしだった人が亡くなったときは、法定相続人がいるか否かを調査する必要があります。法定相続人がいれば、その法定相続人が遺産を引き継ぐことになりますが、いなければ相続財産は国家に帰属することになります。1人暮らしの人が亡くなったときの相続l人暮らしだった人が亡くなったときは、法定相続人がいればその...

≫続きを読む

認知症になっている相続人がいる場合はどうすればいい?/遺言相続サポート葛飾

相続人が認知症になっているときは、専門家に相談して症状の程度を確認し、適切な法的対応をする必要があります。その対応法も、専門家に相談してから決めるようにします。認知症の相続人を無視し、その他の相続人で遺産分割協議をしても、それは当然に無効となります。成年後見制度の利用成年後見制度とは判断能力が不十分...

≫続きを読む

被相続人に隠し子がいた場合の相続権は?/遺言相続サポート葛飾

被相続人が愛人をつくり、隠し子(非嫡出子)がいた場合、被相続人から認知(自分の子と認めて戸籍に入れた子)し、認知届を出していれば隠し子にも相続権があります。被相続人の認知がなされていること隠し子については、被相続人の認知がなされていれば、相続権があります。婚姻関係にある被相続人とその妻との間に生まれ...

≫続きを読む

遺留分とはどういう意味ですか?/遺言相続サポート葛飾

遺留分とは、故人である被相続人が贈与や遺贈によって処分することのできない一定の割合のことをいいます。例えば、被相続人が遺言で遺産のすべてを相続人の1人に譲るといった著しい不公平が生じるような状況を防ぐための制度です。遺留分の権利は、被相続人の配偶者・子ども・父母(直系尊属)の相続人が行使できます。遺...

≫続きを読む

遺留分減殺請求とはなんですか?/遺言相続サポート葛飾

遺留分を侵害された相続人、受遺者・受贈者(これを遺留分権利者といいます)は、遺留分を侵害している相続人及び受遺者・受贈者に対し遺留分減殺請求をする権利があります。侵害された遺留分は何もしないと権利を行使できません引き継いだ相続財産が本来もらうはずだった遺留分よりも不足するとき(遺留分割合に満たないと...

≫続きを読む

遺留分の放棄とはどういう意味ですか?/遺言相続サポート葛飾

遺留分とは、相続人が一定の割合で財産を引き継ぐことを主張することができる権利です。この権利は法律で定められていますが、相続人の意思で自由に行使することができるものです。そして、この権利も相続と同じように放棄することができます。相続放棄と遺留分放棄の違い相続放棄は相続権を失う制度であるのに対して、遺留...

≫続きを読む

遺留分でもめるのを防ぐ方法は?/遺言相続サポート葛飾

遺留分でもめるのを防ぐ方法としては、主に下記の2つの方法があります。@遺留分を侵害しない遺言書を作成する。A遺留分の権利者に遺留分を放棄してもらう。などの方法があります。遺留分を侵害しない遺言書を作りましょう被相続人が、遺留分を侵害しないように留意して遺言書をつくると、もめることはありません。この遺...

≫続きを読む

預貯金の口座名義変更・解約の手続はどうするの?/遺言相続サポート葛飾

相続が開始すると、銀行預金は引き出せなくなります。銀行等の金融機関は預金口座の名義人が死亡したことを知った場合、その時点で預金の支払いを凍結するからです。預金の解約・名義変更・預金引出しのための必要書類相続が開始しますと、被相続人の財産は、相続人の共有財産になりますので、遺産分割協議が確定するまでは...

≫続きを読む

生命保険金受取りの手続は/遺言相続サポート葛飾

生命保険金は、故人が死亡した時点で所有していた財産でなく、死後に保険会社から受取人に支払われるものです。 したがって、受取人に指定された人が生命保険は請求しなければ支給されません。        受取りのために保険会社に提出する書類受取人が指定されているときは、遺産分割協議を経由せずに、生命保険金の...

≫続きを読む

準確定申告の手続はどうすればいいですか?/遺言相続サポート葛飾

被相続人が死亡した場合、相続開始を知った日の翌日から 4 か月以内に相続人が申告と納税をしなければいけません。被相続人が、毎年所得税の確定申告をされているときは準確定申告が必要です。準確定申告とは通常の確定申告は、1月から12月までの1年間に得た所得について、次の年の2月16日から3月15日の期間内...

≫続きを読む

相続欠格や相続廃除ってなに?/遺言相続サポート葛飾

法定相続人であるからといって、必ず相続人になれるわけではありません。法定相続人になれる人であっても、相続欠格に該当したり、相続廃除の申立てをした場合、法定相続人の権利を行使できなかったり奪われてしまったりします。相続欠格や相続廃除によって相続権を失った人に子や孫などの直系卑属がいる場合には、代襲相続...

≫続きを読む

相続放棄って何ですか?/遺言相続サポート葛飾

相続人が被相続人の財産のすべて(プラスの財産もマイナスの財産も全部)を放棄することをいいます。この財産放棄は、マイナスの財産が多いときだけでなく、財産と借金などの債務のいずれが多いかがわからないときや、相続人の間の相続争いに巻き込まれたくないといったときでも行うことができます。相続人の相続放棄という...

≫続きを読む

相続人に行方不明者などがいる場合はどうするの?/遺言相続サポート葛飾

相続人に行方不明者などがいるときは、失踪宣告の確定を受ける手続をとることになります。失踪宣告は、家庭裁判所に失踪宣告の審判を申立て、家庭裁判所が失踪を認め、確定した決定正本を添付して役場に届け出る必要があります。失踪宣告が確定した時点で、相続人は死亡したものとみなされます。失踪宣告というのはこの失踪...

≫続きを読む

相続人が誰もいない場合はどうしたらいいの?/遺言相続サポート葛飾

相続人がいるかいないかわからないときは、相続人を捜すことになります。特別縁故者もいない、遺言書もない場合、遺産のすべては国庫に納められます。相続人がいるかいないかわからないときは相続人がいるかいないかわからないときは、相続人を捜すことになりますが、この場合は、家庭裁判所により選任された相続財産管理人...

≫続きを読む

事故によって得た損害賠償請求権の扱いはどうなるの?/遺言相続サポート葛飾

被相続人が交通事故死して得た損害賠償請求権は、相続財産として扱われます。事故死して得た損害賠償請求権も相続財産交通事故において加害者等に対して、死亡した被害者自身が生きていたら請求するであろう損害の賠償については、基本的に、不法行為に基づく損害賠償請求権という権利となり、相続人が相続することになりま...

≫続きを読む

寄与分を受け取ることができる相続人とは?/遺言相続サポート葛飾

寄与分とは、相続人の中に被相続人の財産の維持・増加に特別の寄与(特別な貢献)をした相続人があるときに、その人に相続分以外に相当額の財産を取得させて、相続人間の公平を図る制度です。その特別の寄与に対する相当額をいいます。また、法定相続分を超える財産を取得させる制度で、特別に療養看護した人、事業を手助け...

≫続きを読む

相続財産を分割する方法は何がありますか?/遺言相続サポート葛飾

相続人が1人であれば、相続開始と同時にそのまま1人の相続人が遺産を引き継げばいいのですが、2人以上の相続人(これを共同相続人といいます)がいるときは、どうやって相続財産を分けていくかが問題になります。相続には2つのパターンがあります。−つは各相続人に、どれだけの財産を分配するかその比率が決められてい...

≫続きを読む

分割協議前に注意するべき事は?/遺言相続サポート葛飾

暖昧なままでは話し合いも進まず、用が足りませんので、遺産分割協議を行う前に、必ず相続人の調査と確定を済ませておくことが必要となります。被相続人の身分関係の調査被相続人の最後の住所地と死亡年月日などは、戸籍謄本、住民票の除票で確認します。遺産分割の調停申立のとき、被相続人の表示のために必要だからです。...

≫続きを読む

養子の相続権・相続分はどれくらいですか?/遺言相続サポート葛飾

血縁関係のない養子は、民法上は血族として扱われ、嫡出子の身分を取得します。養子も実子と同じように、親が亡くなった場合には相続権があり、その法定相続分も実子と同じということになります。養子にもらった子どもは、相続人としても相続割合も実子と同じように扱われます。養子縁組は、相続税対策として利用されていま...

≫続きを読む

借金などマイナスの財産があるときの相続は?/遺言相続サポート葛飾

財産の相続に際して、借金などマイナスの財産が含まれるときには注意が必要です。借金があることがわかっていて何もしなければ、相続の開始を知ったときから3か月後には借金も含めた財産を自動的に引き継ぐことになってしまうからです。借金などのマイナス財産分を引き継ぎたくないときは、プラスの財産の範囲内で払い、支...

≫続きを読む

特別縁故者がもらえる財産はどれくらい?/遺言相続サポート葛飾

相続人が誰もいないため、相続財産が国に帰属することになったとき、特別縁故者は家庭裁判所に申し立てて相続財産の一部ないし全部を取得できることがあります。特別縁故者というのは特別縁故者とは、@被相続人と生計を同じくしていた人A被相続人の療養看護につとめた人Bその他特別の縁故のあった人をいいます。具体的に...

≫続きを読む

仏壇や墓地などの祭祀財産は相続財産にならないの?/遺言相続サポート葛飾

祭祀財産は、現金・預貯金・不動産・債務などの相続財産には含まれません。祭祀財産は、祭祀主宰者とされる人が引き継ぐことになります。祭祀主宰者には、被相続人から生前に指定された人や遺言で指定された人がなります。指定がないときは相続人間の話し合いで決めます。なお、祭祀主宰者は、相続人以外でもなることができ...

≫続きを読む

生命保険金は相続財産にならないの?/遺言相続サポート葛飾

生命保険金は、受取人の指定の状況で異なります。@被相続人自身が受取人になっている場合は相続財産となりますが、A受取人を相続人と指定していた場合は、相続人固有の財産として相続分に応じて分割し、B特定の人に受取人を指定していた場合は、受取人固有の財産となりますから、相続財産になりません。相続税の取扱いは...

≫続きを読む

死亡退職金は相続財産にならないの?/遺言相続サポート葛飾

生命保険金の場合と同じように、受取人(受給権者)の指定の有無によって相続財産に含まれるか含まれないかが変わってきます。死亡退職金の支給規定死亡退職金は、在職中に亡くなった労働者の遺族に会社から支給されるもので、受給権者(受取人)は支給規定等に定められているのが通例です。受給権者が明確な場合、故人が受...

≫続きを読む

相続財産になるものとならないもの、その線引きとは?/遺言相続サポート葛飾

現金、預貯金だけが相続財産とは限りません。マイホーム、株券や国債といった有価証券、ゴルフ会員権やリゾート会員権、自動車、貴金属、書画骨董なども相続財産に含まれます。借地権や、田、畑、山林、立木。著作権や特許権も相続財産に該当します。生命保険金や死亡退職金も、基本的に相続財産です。一般に相続財産とは、...

≫続きを読む

特別受益を得た相続人がいるときはどうすればいいですか?/遺言相続サポート葛飾

相続のときに相続人が複数人いる場合、その相続人の一部の人が、被相続人(死亡した人)から生前に特別な財産の提供を受けていることがあります。この「生前に受けていた特別な財産」のことを特別受益といいます。この特別受益者がいるときは、被相続人の死亡時点の財産に特別にもらった財産を戻させて、プラスしたものを相...

≫続きを読む

遺産分割を確定する手続はどんな方法ですか?/遺言相続サポート葛飾

遺産の分割とは、遺産を共同相続人に分けるための手続です。共同相続人の間で共有の状態にある遺産の分割には下記があります。@遺言の無いように従って遺産を分割します。A遺言書が無い場合には遺産分割協議にて分割します。B遺産分割協議がまとまらないときは調停や審判での防法に従って分割します。遺言での分割指定被...

≫続きを読む

遺産分割を確定させるときの分割方法は?/遺言相続サポート葛飾

遺産分割の確定に際しては、土地や建物などのように均等に分けられない財産もあります。この場合、相続人全員が納得いくように割り振れるかが遺産分割のポイントとなります。割り振る方法には主に下記があります。遺産を現物のままの姿で分割する現物分割例えば、居住している家と土地は長男に、現金と預金は母に、株券と貴...

≫続きを読む

遺産分割協議が成立・不成立のときは?/遺言相続サポート葛飾

遺産分割協議によって各相続人の相続分が確定したときは、将来のトラブルを未然に防ぐため遺産分割協議書を作成しておきます。この遺産分割協議書は、申告や登記などの手続にも必要になります。ただし、遺産分割協議による話し合いが不成立のときは、家庭裁判所に解決をゆだねることになります。遺産分割協議がまとまったら...

≫続きを読む

遺産分割協議後に遺言書や隠し子などが出てきた場合は?/遺言相続サポート葛飾

遺産分割協議がまとまった後に遺言書が出できたり隠し子が現れたりしたときは、状況に応じてやり直しが必要になります。遺産分割協議の成立後に遺言書が出てきた場合遺言書は開封せずに、家庭裁判所で検認手続をしてください。遺言書の内容が有効なものであれば、その内容が優先しますから、成立した遺産分割協議の内容は無...

≫続きを読む


HOME 遺言書相談・サポート 相続相談・サポート 終活相談・サポート 事務所案内 お問合せ