自筆証書遺言の作成・書き方/遺言相続サポート葛飾

自筆証書遺言の作成・書き方/遺言相続サポート葛飾

 

自筆証書遺言自筆証書遺言は、ご自身が自筆で書き、
証人や公証人の手数料が不要なことから
費用がかからず、比較的に作成しやすい遺言書になります。

 

その反面、日付けの不備や押印もれといった些細なミス、
パソコンやワープロで印字した文書、録音テープや
ビデオカメラを使い口頭で遺言するといった形式的な
不備があると、無効となるデメリットがあります。

 

そこで、自筆証書遺言の注意点を表にしました。

 

 

用紙と

筆記用具

自筆証書遺言を書く際の用紙の種類や大きさ、筆記具は自由ですが、
感熱紙や鉛筆だと消える恐れがあります。
ボールペンや万年筆、筆といった筆記用具で書くことがベストです。

 

遺言書を縦書きにするか、横書きにするかに
ついても決まりがありませんから、
縦書き・横書きのいずれでも構いません。

表題

遺言書に表題をつけることについて、決まりはありません。
あなたの書いた自筆証書遺言が「遺言」であることを
明示するためには、表題に「遺言書」または「遺言状」というように
遺言である旨」を明示する文字があると良いです。

日付

自筆証書遺言に書く日付は、必ず正確に年月日まで書くこと。
「○○○○年△△月吉日」や「平成○○年△△月吉日」と書く
のは駄目です。

氏名と

住所

自筆証書遺言に書く氏名は、戸籍の氏名を書くようにしてください。
住所は、必須事項ではありません。
同姓同名の人がいる場合を想定して、住所と戸籍上の氏名を書くことで、
遺言者を特定でき、相続手続きがスムーズにいくと
考えます。

印鑑

認印や拇印でも構わないのですが、実印を重要視している
日本の法制度や後々のトラブルについて考えると、
自らの意志で
遺言書を作成したと証明できるため、実印で押印した方が賢明です。

遺言相続相談サポート問合せ

自筆証書遺言の作成・書き方/遺言相続サポート葛飾関連ページ

遺言書の種類
遺言書の種類/遺言相続サポート葛飾
遺留分について
遺留分について/遺言相続サポート葛飾
遺言書はなぜ必要か?
遺言書はなぜ必要か?/遺言相続サポート葛飾
遺言書はいつ書けばよいか?
遺言書はいつ書けばよいか?/遺言相続サポート葛飾
遺言書が発見された場合は?
遺言書が発見された場合は?/遺言相続サポート葛飾
入院中に公正証書遺言は出来る?
入院中に公正証書遺言は出来る?/遺言相続サポート葛飾
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?/遺言相続サポート葛飾
遺言ってなに?遺言を残すメリットって?
遺言ってなに?遺言を残すメリットって?/遺言相続サポート葛飾
どんな場合、遺言書を残したほうがよいですか?
どんな場合、遺言書を残したほうがよいですか?/遺言相続サポート葛飾
遺言書にはどんな種類があるのですか?
遺言書にはどんな種類があるのですか?/遺言相続サポート葛飾
遺言書の残し方やポイントはありますか?
遺言書の残し方やポイントはありますか?/遺言相続サポート葛飾
遺言書を書いたあとの変更や無効にすることはできますか?
遺言書を書いたあとの変更や無効にすることはできますか?/遺言相続サポート葛飾

HOME 遺言書相談・サポート 相続相談・サポート 終活相談・サポート 事務所案内 お問合せ