遺言書にはどんな種類があるのですか?/遺言相続サポート葛飾

遺言書にはどんな種類があるのですか?/遺言相続サポート葛飾

遺言書は、大きく分けて
自筆証書遺言書、秘密証書遺言書、公正証書遺言書の3つがあります。
 
遺言書の作成にあたっては、それぞれの特徴、メリットとデメリットをおさえて選びましょう

遺言書にはどんな種類があるのですか?

 

3つの方式の特徴・メリット・デメリット

・自筆証書遺言書の特徴は、
手軽に、費用をかけずに、どこでも簡単に作成できる点です。

 

遺言の全文、日付、署名のすべてを自筆で書かなければなりません。
ワープロや代筆は一切認められていません。

 

・秘密証書遺言書は、遺言を封筒に入れて封をし、
公証役場で証明してもらう方式。
自筆証書遺言書と違ってワープロも代筆も可能です。
ただし氏名は自筆です。

 

・公正証書遺言書は、遺言者本人と証人(立会人)2人で
公証役場で作成してもらう方式。
病気等の場合は病院や自宅などに出張してもらって
作成できます。

 

公証人が遺言可能な年齢か、遺言の意思能力があるか、
遺言内容は本人の意思かを確認するので、
確実な遺言が可能なのが特徴です。

 

  メリット デメリット
自筆証書遺言

・自分一人で簡単に作成できる。
・遺言をしたことを秘密にできる。
・紙と筆記用具があればお金はかからない。
・いつでも書き直しが可能。

・遺言書を紛失してしまう場合がある。
・死後、発見されないことがある。
・偽造されるおそれがある。
・執行するには家庭裁判所の検認が必要。
・少しでも不備があると無効になってしまう。

公正証書遺言

・公証人が作るので無効の心配がない。
・公証人が原本を保管してくれるので安全。
・字が書けない人も遺言できる。
・家庭裁判所での検認手続きが不要。

・遺言書の存在と内容を秘密にできない。
・手続が多少面倒であり、費用もかかる。
・2人以上の証人の立会いが必要。

秘密証書遺言

・遺言書の内容を秘密にできる。
・代筆でもワ−プロ書きも構わない。

・若干の費用と手間がかかる。
・執行するには家庭裁判所の検認が必要。
・2人以上の証人が必要。

 

 

 

遺言書にはどんな種類があるのですか?/遺言相続サポート葛飾関連ページ

遺言書の種類
遺言書の種類/遺言相続サポート葛飾
自筆証書遺言の作成・書き方
自筆証書遺言の作成・書き方/遺言相続サポート葛飾
遺留分について
遺留分について/遺言相続サポート葛飾
遺言書はなぜ必要か?
遺言書はなぜ必要か?/遺言相続サポート葛飾
遺言書はいつ書けばよいか?
遺言書はいつ書けばよいか?/遺言相続サポート葛飾
遺言書が発見された場合は?
遺言書が発見された場合は?/遺言相続サポート葛飾
入院中に公正証書遺言は出来る?
入院中に公正証書遺言は出来る?/遺言相続サポート葛飾
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?
子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?/遺言相続サポート葛飾
遺言ってなに?遺言を残すメリットって?
遺言ってなに?遺言を残すメリットって?/遺言相続サポート葛飾
どんな場合、遺言書を残したほうがよいですか?
どんな場合、遺言書を残したほうがよいですか?/遺言相続サポート葛飾
遺言書の残し方やポイントはありますか?
遺言書の残し方やポイントはありますか?/遺言相続サポート葛飾
遺言書を書いたあとの変更や無効にすることはできますか?
遺言書を書いたあとの変更や無効にすることはできますか?/遺言相続サポート葛飾

HOME 遺言書相談・サポート 相続相談・サポート 終活相談・サポート 事務所案内 お問合せ