遺言書に関すること/遺言相続サポート葛飾

遺言書Q&A/遺言相続サポート葛飾

遺言相続相談サポート問合せ

遺言書に関すること/遺言相続サポート葛飾記事一覧

遺言書の種類/遺言相続サポート葛飾

遺言書には、三つの種類があります。一般的には、ご自身で書かれる遺言書をイメージされることが多いと思いますがそれぞれ長所と短所がありますので下記を参照下さい。 自筆証書遺言書自分で自筆して、署名・押印する遺言書です。一番簡単に作成できる遺言書です。自筆証書遺言のメリット・自分で書くので費用が掛かりませ...

≫続きを読む

自筆証書遺言の作成・書き方/遺言相続サポート葛飾

自筆証書遺言は、ご自身が自筆で書き、証人や公証人の手数料が不要なことから費用がかからず、比較的に作成しやすい遺言書になります。その反面、日付けの不備や押印もれといった些細なミス、パソコンやワープロで印字した文書、録音テープやビデオカメラを使い口頭で遺言するといった形式的な不備があると、無効となるデメ...

≫続きを読む

遺留分について/遺言相続サポート葛飾

遺言者は遺言によって自由に財産の処分の方法を決定することができます。しかしその一方で、遺言により特定の相続人が取得する財産が無いあるいは極端に少なくなる場合があります。そこで、一定の相続人については被相続人の財産の一定の割合を遺留分として主張することが認められています。遺留分を主張することができる人...

≫続きを読む

遺言書はなぜ必要か?/遺言相続サポート葛飾

遺言書が必要な理由としましては、御自身が亡くなられた時に不要なトラブルを避けるためです。ご兄弟等による遺産をめぐる争いは、非常に多くありますし、一度そうなってしまうと長期間もめるケースも多くあります。このような場合において遺言書があるとトラブル防止に非常に有効になります。遺言書には3種類の方式があり...

≫続きを読む

遺言書はいつ書けばよいか?/遺言相続サポート葛飾

日本では、遺言書の話がでると、まだそんな歳ではない縁起でもないという話をよく耳にしますが遺言書はいつ書くのが良いのでしょうか?これは、元気な内に書いておくことが、大切になります。仮に、認知症などが進行した場合では、遺言書を書いたとした場合その判断能力などがとわれる可能性があります。また、遺言書の中で...

≫続きを読む

遺言書が発見された場合は?/遺言書が発見された場合は?/遺言相続サポート葛飾

自筆証書遺言を例に掲載して行きます。両親などの死亡により、相続が開始された場合において、遺言書が発見された場合は、家庭裁判所に検認の請求をする必要があります。また、遺言書が封印されている場合などは、相続人又は、代理人の立会のもと開封することになります。通常このような流れになりますが仮に勝手に開けて内...

≫続きを読む

入院中に公正証書遺言は出来る?/遺言相続サポート葛飾

はい、可能です。公証人に病院まで来てもらいます。証人も二人必要です。公証人に依頼すれば病院へ来て、入院されている方の口述を筆記してくれます。出張費が余分にかかってしまいますがいつ患者様が公証役場へ行けるようになるかわからない場合は依頼した方がよいでしょう。後で遺言できなくなったら困ります。

≫続きを読む

子供が亡くなった場合、元夫は相続するの?/遺言相続サポート葛飾

お子様が不幸にも先にお亡くなりになった場合、そのお子様が独身又はご結婚されていても、お子様に恵まれなかった場合相続権は親又は兄弟にも発生しますので元夫にも相続権があります、もしお子さんに子供がいる場合には、遺言書を予め作成し全ての財産は子供に相続させるという内容を記載しておけば遺留分を除く財産は子供...

≫続きを読む

遺言ってなに?遺言を残すメリットって?/遺言相続サポート葛飾

遺言とは、被相続人が生前に遺産の分配などについて定めたものです。遺言書は15歳以上の人なら誰でも残すことができます。この遺言によって遺産分割することを指定相続といい、法定相続(相続人と相続割合などを定めている民法による相続)より優先されます。遺言書では、誰に何を相続させたいかなどを指定できます。遺言...

≫続きを読む

どんな場合、遺言書を残したほうがよいですか?/遺言相続サポート葛飾

遺言書を作成すべきケースとして、下記項目が1つでも当てはまるのであれば作成するをお勧めします。遺言書を作成することで、様々なもめごとを未然に回避することができるからです。次のケースに該当する場合は、遺言書を必ず作成しましょう。@子どもがいない場合A子供が2人以上いる場合B先妻・後妻ともに子どもがいる...

≫続きを読む

遺言書にはどんな種類があるのですか?/遺言相続サポート葛飾

遺言書は、大きく分けて自筆証書遺言書、秘密証書遺言書、公正証書遺言書の3つがあります。遺言書の作成にあたっては、それぞれの特徴、メリットとデメリットをおさえて選びましょう。3つの方式の特徴・メリット・デメリット・自筆証書遺言書の特徴は、手軽に、費用をかけずに、どこでも簡単に作成できる点です。遺言の全...

≫続きを読む

遺言書の残し方やポイントはありますか?/遺言相続サポート葛飾

遺言書は相続の際に重要な役割を果たす書類ですが、遺言を書くことによって、その内容が遺族にとって納得のいかないものであれば、逆にトラブルになることもあります。そこでもめ事を未然に防ぐ遺言書の作成ポイントは、次の点です。遺留分を考慮して作成しましょう遺言によって侵害できない権利が遺留分ですが、遺留分を侵...

≫続きを読む

遺言書を書いたあとの変更や無効にすることはできますか?/遺言相続サポート葛飾

遺言を書いたあとで変更や無効にすることは可能です。変更の場合、全部でも一部でも行うことができます。遺言書の書き直しはいつでも自由遺言の効力は死亡時に発生します。それまでの間に遺言書の内容を書き直すことは原則として自由です。その書き直しは、前の遺言の全部でも一部でもかまいません。書き直ししたものは、同...

≫続きを読む


HOME 遺言書相談・サポート 相続相談・サポート 終活相談・サポート 事務所案内 お問合せ